r's gear:アールズギア WYVERN マフラー | GT商会

  カテゴリメニュー ▼
Every Day Low Price
r's gear(アールズギア)
アールズ・ギアは1998年、三重県鈴鹿市に誕生しました。そして2014年、製品クオリティ・生産効率・サービスの向上を目指して現在の亀山市のぼのの新工場に移転しました。従来以上の設備を備え、開発・生産・出荷の全てにおいて今まで以上のものを求めていきます。アールズ・ギア最大の強みは、常に向上心に溢れる職人集団という事。設立からのメンバーも多く、一人ひとりが樋渡治のもと日々さらに優れたものを追い求め、マフラーをはじめとする全商品の制作に携わっています。
r's gear(アールズギア)マフラー
ラインナップ
手曲げ
手曲げ
CB1300SF、ZRX1200をはじめとするネイキッドモデルのフロントパイプには「手曲げ」を採用しています。その滑らかで芸術的な曲線は、丁寧に、そして高精度に仕上げられ、機械曲げには出し得ない手曲げならではの美しさと輝きを醸し出します。
開発
開発
開発に関しては膨大な時間と労力を費やしており、一切の妥協を許さず、納得できるまで徹底的に追及する。それがアールズ・ギア・クオリティー最大の要因です。
溶接
溶接
接合部分の溶接の美しさはアールズ・ギア製品の特徴のひとつ。設立の際に「どこのメーカーよりも美しいもの造りを」との想いをもってこだわり、造り続けてきました。その後、研究・努力を重ねていくうちに設立当時よりも格段に美しいものができるようになりました。それはアールズ・ギアのもの造りに対する考え方と拘り続けてきた成果だといえます。
性能と品質の追求
性能と品質の追求
エキゾーストパイプからサイレンサーに至る全てのパーツが、それぞれの車種の専用設計になっています。様々な特性を持ったオートバイ各々の性能を引き出すには、汎用品では限界があるのです。製造工程上手間のかかる構造であっても性能を極限まで追求するためには欠かせないこだわりなのです。
規制への取り組み
アールズ・ギアの製品は全て車検対応品です。徐々に変化していく騒音規制・排出ガス規制のその内容ごとに対応しており、正しく装着・メンテナンスされた製品であれば全て車検対応となっております。

マフラー交換の最大の楽しみでもある「排気音」。それと同時に騒音として受け取られがちなオートバイの排気音。当社のマフラーはこれまでの開発・研究において、さまざまな素材・構造のマフラーをテストし、さまざまな条件でのテストを繰り返すことによって膨大な量のデータを収集・蓄積してきました。その結果、お客様に満足していただける「音量・音質」を確保しながらも、近接排気騒音規制値をクリアできるノウハウを得ることができました。「うるさすぎず、かつ走っていて十分に楽しめる音づくり」をテーマに「音量」ではなく「音質」を楽しむことに拘り続けてきた結果、規制に適合した上質で飽きのこない「ワイバン・サウンド」にたどり着いたのです。

排出ガス規制への取り組みに関しては、その規制内容にあわせてキャタライザー(酸化触媒)を内蔵し、排気効率・排ガス浄化を考える上で最適な個所にキャタライザーを装備することで、パワー、サウンド、排ガス浄化のすべての要素を満たす製品を作り出しました。

この様な日々の努力と開発・研究により培ったノウハウで、平成22年4月から施行されている新規制にも対応できる商品づくりを行っています。また、当社はJMCA(全国二輪車用品連合会)に加盟しており、JMCAの会則に則り、そして法令を遵守することで、モーターサイクルの正常な普及に努めるとともに、交換用マフラーに対する正しい理解と知識をもっていただけるよう活動しています。
ワイバンの特徴 (ゴールドエンブレム)
  • エキゾーストパイプからサイレンサーの内部構造パーツまで、ほぼ全ての箇所にチタンを用いたシリーズ最高峰モデル(サイレンサーバンド・スプリングのみステンレス)。
  • シングルタイプで約4.0kg前後・ツインタイプで約7〜8kg前後と驚愕の軽さを誇る。
  • フロントパイプには手曲げを採用(GSX1300R隼・ZZR1400・1400GTRを除く)。
  • 熱による酸化や錆びなどの経年変化がほとんどなく、メンテナンスは簡単な水洗いと脱脂でOK。
  • サイレンサーエンドピースは削り出し加工を施した形状。(画像5)
ソニックの特徴 (シルバーエンブレム)
  • フロントパイプ/サイレンサーカバーにはチタン、ミドル/テールパイプ/サイレンサー内部構造パーツにはステンレスを用いることで高いコストパフォーマンスを実現。(相違点は右の画像1を参照してください)
  • 一部素材をステンレスとしながらも、サウンド/パフォーマンスはワイバンと同等です。(音量・音質・パワーカーブはワイバンと同様です)
  • フロントパイプには手曲げを採用(GSX1300R隼・ZZR1400・1400GTRを除く)。
  • フロントパイプにはワイバン同様手曲げを採用(GSX1300R隼・ZZR1400・1400GTRを除く)。
  • サイレンサーエンドピースはカールエンド形状。(画像6)
ソニックの注意点
ステンレスのマフラーは使用過程において排気熱によるくすみ・黒ずみが発生します。耐熱性のシリコンワックスを塗布することで発生を遅らせることができます。
ワイバンとソニックの相違点
ワイバンとソニック:テールパイプの違い
パンチングパイプとサイレンサーカバー
ワイバンとソニック:2 in 1ジョイントの違い
ワイバンのサイレンサーエンドピース
ソニックのサイレンサーエンドピース
アールズギアのサイレンサーバリエーション
WYVERN(ワイバン)真円カーボン
WYVERN(ワイバン)真円チタン
WYVERN(ワイバン)真円ドラッグブルー
WYVERN(ワイバン)楕円チタン
WYVERN(ワイバン)楕円ドラッグブルー
ワイバンは5種類、ソニックは楕円(オーバル)を除く3種類からお選びいただけます。
SONIC(ソニック)真円チタン
SONIC(ソニック)真円ドラッグブルー
SONIC(ソニック)楕円チタン
SONIC(ソニック)楕円ドラッグブルー
GPスペックは4種類からお選びいただけます。
サイレンサータイプの違いついて
  • 形状、素材、カラーの違いによる性能や音質、音量の違いは全くありません。スタイルのお好みでお選びください。
  • 吸音材にはグラスウールを使用しており、排気熱で高温になる中心付近にはSUSウールを使用して徹底した熱対策を施しています。従って経年劣化による音量の増大はほとんどありません。(XJR1300による65,000kmのテストを行い検証済みです)
真円と楕円(オーバル)の違い


Copyright (C) 1999-2016 GT Corporation. All Rights Reserved.